ハイレバレッジとは?

FX初心者かつ、資産を失うことを恐れているうちは、低レバレッジ〔レバレッジ1倍、レバレッジ3倍、レバレッジ5倍、レバレッジ10倍、レバレッジ25倍〕が当たり前となりますが、FXに慣れてきているかつ、利益額にこだわりがつよくなると、ハイレバレッジ〔レバレッジ400倍、レバレッジ888倍レバレッジ1000倍、レバレッジ3000倍〕を使うのが日常となります。この前提があっても、資金を失うのが怖いと思い、ロット数を抑えてトレードをすることができれば、FX退場の現実を回避することができるし、資金を失うのを受け止めると思い込んでしまうと、ロット数を上げたハイレバレッジスキャルピングの一回ミスで、FX退場することを体験します。これだけは言えるのは、ハイレバレッジだから、一回一回のトレードに真剣になれるし、ハイレバレッジで損失を出すたびに何をやると損失が出るのか?をきちんと学ぶことができます。今回は、ハイレバレッジとは?について触れていきます。

ハイレバレッジとは?

ハイレバレッジとは?の概要は、国内FX〔外為ジャパン、DMMFX,GMO〕しか使ったことがない人にとっては、レバレッジ25倍=ハイレバレッジとなるが、海外FX〔iforex,XM,bigboss,hotforex,gemforex〕でトレードすることが当たり前な人にとっては、レバレッジ200倍/レバレッジ400倍/レバレッジ888倍/レバレッジ1000倍がハイレバレッジとなる。当然、国内FXユーザーにとっての低レバは、レバレッジ10倍であり、海外FXユーザーにとっての低レバレッジはレバレッジ5倍である。

1.ハイレバレッジでは資金1万円から億トレーダーになれる。

レバレッジ25倍が限界とされる国内FX口座で資金1万円から億トレーダーになった人は皆無で、せいぜい資金1万円を資金15000円にできたとか、資金1万5000円を資金2万円にできたとかという逸話しか聞きませんが、レバレッジ400倍が上限/レバレッジ888倍が上限/レバレッジ1000倍上限の海外FX口座で資金1万円から資金8000万円トレーダーになれた人や、資金10万円から資金10億円トレーダーになれたという逸話を結構います。

2.ハイレバレッジで、ゼロカットされたら成長するチャンス

ハイレバレッジでゼロカットされたことと反対のことをやれば、海外FXのハイレバレッジトレードで爆益を出すことができたりしますしから、ハイレバレッジでゼロカットされた回数が多い人ほど優秀なトレーダーになることが可能。それが理解できていても、ハイレバでゼロカットされたことを完全忘却して、再度同じパターンでハイレバレッジゼロカットされる人が一定数いるみたいです。

3. ハイレバレッジとポジポジ病の関係。

ハイレバレッジでトレード収支100万円以上にするには、自分の鉄板パターン到来していないうちは、ハイレバレッジを使ったトレードはしない、自分の鉄板パターンが到来した直後に、ハイレバレッジを使ったトレードをしていくと良いです。そうはいっても、9割のハイレバレッジ戦士は、トレード中にポジポジ病を発症して、いつでもどこでも、ハイレバレッジ系トレードをしまくります。

4.ハイレバレッジとポンド円の相性は良い。

1万円残高gemforexノースプレッド口座で、ハイレバレッジ〔レバレッジ1000倍〕活用することで、ポンド円10枚で200pIPS利益確定を15回で300万円の利益出すかつ、gemforex口座でハイレバレッジ〔レバレッジ1000倍〕ゼロカット15回で損失15万円で、ポンド円トレード収支285万円。この具体例があるので、ゼロカットを有効活用で損失を最小限にし、ポンド円の利益を遅らせることで利益を最大にできる。

5.ハイレバレッジとユーロ円の相性は良い。

1万円入金済みのgemforexオールインワン口座で、ハイレバレッジ〔レバレッジ1000倍〕を使ってみたで、ユーロ円10枚で50PIPS利益確定を20回で100万円の利益を出すかつ、gemforexノースプレッド口座でハイレバレッジ〔レバレッジ1000倍〕ゼロカット20回で20万円の損失で、ユーロ円トレード収支80万円。この具体例を一回でも達成すると、ゼロカットの有効活用ができるかどうかが、ハイレバレッジのユーロ円トレード収支を50万円以上プラスにもっていける。

6.ハイレバレッジとドル円の相性がいい。

ドル円専門でトレードをする〔ユーロ円、カナダドル円、ポンド円、NZドル円、豪ドル円、スイスフラン円、カナダドル円取引をしない〕・ドル円天井付近だと思われるところでドル円ロングしない〔米国の経済指標が良い場合でも、〕、ドル円大底付近だと思われるこころでショートしない〔米国の経済指標が悪化とされる場合でも〕・ドル円トレードでわからないというときはトレードを休み、米国の指標の結果をスルーしないで米国指標結果を最重要とする。これの全部ができれば、ハイレバレッジのドル円取引で無敗神話を達成することができます。

7.EUの経済指標と、イギリスの経済指標を信頼しすぎるのはいけない。〔ハイレバレッジ〕

今EU圏とイギリスが喧嘩をしていて、EUとイギリスの先行きが不透明であるのであれば、ユーロ円ハイレバレッジ売りをするのが正解である。この場面で、ユーロ円の星3、ユーロ円の星2が良いからという理由で、ユーロ円ハイレバレッジ買いをするとユーロ円で大きな損失を出すことになるし、ポンド円の星2、星3が良いからという理由でポンド円ハイレバレッジ買いをすると、ポンド円で大きな損失を出すことになる。

8. 常に相場を押し上げる/相場を押し下げるニュースが出るかもしれないということを忘れてはいけない。

ドル円相場を押し上げる経済ニュースや、ドル円相場を押しあげる日本の総理大臣系の話題がでたら、ドル円が円安になりますし、ドル円相場を押し下げる経済ニュースや、ドル円相場を押し下げる日本の総理大臣辞任の話題がでたら、ドル円が円高になりますから、ドル円相場を押し上げるニュースが出たら、ハイレバレッジでドル円200枚ロング、ドル円相場を押し下げるニュースがでたら、ハイレバレッジでドル円200枚ショートをするといいでしょう。

9. ハイレバレッジ=損失を出す覚悟がいる。

損失を出すのが怖い、損失なんて出したくないと念じているトレーダーは、トレードチャンスが来ても、様子見をするをチョイスして、ハイレバレッジで爆益だせないままになるが、損失10万円までならOK,損失だしたところで労働で稼げばいいと思えるトレーダーは、トレードチャンスが来たとたん、ハイレバレッジ利用かつ、ドル円100枚勝負ができ、ドル円で30万円の利益を得ることになる。

10. ハイレバレッジとロスカット〔損切り〕

ハイレバレッジ利用者は、、3PIPSでロスカット〔損切り〕しとけば3000円の損失のみとなり、次のトレードでがんばれるという経験や、10pIPSでロスカットしないままでいたせいか、最終的に20PIPSゼロカットで3万円の損失をだしたという経験をしています。この二つの体験をした人は、ハイレバレッジ利用するときは、ロスカット注文〔損切り〕を5PIPS、10PIPS,15PIPS,25PIPSをいれることが習慣となり、ハイレバレッジのゼロカで一発退場回数が0回となる。

公式サイト
GEMFOREX
GEMFOREX口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーンに参加しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする