PCトーカXPとスカイプ4.2

このウィンドウは、会議に参加しているメンバーの名前を確かめたり、グループチャットを作成して送信したり、みんなにファイルを1度に送信したり、保留やミュートなどを設定して会話から離れたり、たくさんのことができます。PC-Talkerのベータ版では十分に読み上げない項目もありますが、項目の順番さえ覚えれば使えるものも多いため、ここに、そのための項目について書いてみます。 会議通話のウィンドウに画面を切り替えると、カーソルは、会話のプロフィールを非表示にする、という項目にあります。ですが説明の都合上、Tabキーを何度も押していき、会議通話、というリンク項目に合わせます。ここから説明をはじめます。 会議通話と書かれているところに、会議通話の発信元のユーザー名と発信時刻刻が表示されていますがPC-Talkerでは読み上げません。この項目は、会議通話から退席すると消えてしまいます。そして、次のユーザーからのメッセージを表示、という項目に置き換わるようです。 Tabキーを1度押しますと文字入力のエディットがあります。これは何のためのものかわかりません。 Tabキーを押しますと、共有の確認という項目があります。ここでEnterすると、コンタクトの送信、と、ファイルの送信が選べます。 Tabキーを押すと、、ここをクリックのリンクがあります。ここをEnterすると、メンバー全員にグループチャットが作成されます。 Tabキーを押しますと、Conversation toolbarと読み上げるところがあります。ここは、通話を終了のプッシュボタンです。ここでEnterキーを押しますと会議通話から退席することができます。退席した後は、自分も、それから通話相手も、skype4以上を使っているときには、会話に参加、という項目に変わります。ここで再びEnterキーを押しますと、先ほどの会議に戻ることができます。自分も相手もskype4以上を使っていても、今まで行っていた会議通話が終了してしまったときは、グループに発信、という項目に変わります。また、相手が以前のバージョンのskypeを使っている場合は、その相手が会議を主催していても、こちらが通話を終了すると、グループ に発信という項目に変化しますので、ここでEnterキーを押しますと自分が主催して先ほどのメンバに呼び出しをかけることができます。必要に応じて使用します。 Tabキーを押しますと、次は、ミュートボタンがあります。PC-Talkerでは読み上げることができませんが、ここでEnterキーを押しますと自分の声をみんなに聞かせないようにすることができます。会議通話から退席した後は、この項目が消えますので、順番を覚えて操作する場合には注意が必要です。 Tabキーを押しますと、次は、音量調整のスライダーがあります。左右矢印キーで自分の話すマイク音量を変化させることができますが、ここもPC-Talkerでは読み上げることができません。また、この項目も会議通話が終わると消えますので、順番を覚えてこの画面を操作するときには注意が必要です。 Tabキーを押しますと、次は、その他の通話機能、ここでEnterキーを押すとメニューが出て、ダイヤルパッド表示、保留、音声設定、ビデオ設定が選べるようになります。これら出てきたメニューはPC-Talkerで読み上げることができるものの、その他の通話機能というこの項目自体はPC-Talkerでは読み上げることができません。この項目も会議通話から退席すると消えますので、順番を覚えて操作するときには注意が必要です。 Tabキーを押しますと、次は、設定をチェックのボタンです。ここでEnterキーを押しますと、このボタンの下に、マイクの確認、スピーカーの確認、ウェブカメラの確認、コンピュータの確認、接続の確認、の5つの項目が現われますので、Tabキーを押して選択し、EnterキーまたはSpaceキーを押して実行します。これらの5つの項目を消したいときには、先ほどの、設定をチェックのところに戻り、Enterキーを押します、PC-Talkerではこの項目を読み上げませんので、マイクの確認、という項目のひとつ上の無音部分、と覚えておきます。もしかするとここは、無音ではなくて、Conversation toolbarという読み上げがあるかもしれませんが、マイクの確認のひとつ前ということに変わりはありません。 Tabキーを押しますと、次は、会話のプロフィールを非表示にするボタンです。これもPC-Talkerでは読み上げることができませんが、もし、会議通話に参加しているメンバーが表示されていないときにはここでEnterキーを押しますと、メンバーが表示され、Tabキーで確かめることができるようになります。 プロフィールを非表示のところからTabキーを押しますと、次は、コンタクトにグループを保存のボタンです。これを実行して、今回の会議通話のグループをコンタクトリストに保存し、いつでも同じメンバーを呼び出せるようにします Tabキーを押しますと、プロフィールの確認、という項目があります。ここは、プロフィールと関係があるのかどうか、ここでEnterキーを押してみますと、すぐしたに、会議通話のトピックを書き込むスペースを表示したり、非表示にしたりできるようです。議題を書き込むスペースが表示されているときには、Tabキーを1回押しますと無音部分がありますので、トピックを書き込む欄が表示されていることがわかります。。もう1度、プロフィールの確認でEnterキーを押せば、トピックを書き込むスペースが非表示になりますので、無音部分はなくなります。通常、会議通話のグループウィンドウでは、会議通話に参加しているメンバーの一部または全員が、タイトルバーに表示されています。ですが、この欄を使って、会議に参加しているメンバーが、誰でもタイトルバーの内容を変更して、何について話している会議なのかを示すことができます。 プロフィールの確認という項目から1度、Tabキーを押しますと、トピックを書き込むスペースが表示されているときには無音ですが、ここには、ここをクリックしてトピックを入力してください、と書かれているようです。ここは会議通話のトピックを入力するところです。ここもPC-Talkerでは項目名を読みませんが、Enterキーを押すと入力欄が出てきますので、音声を頼りに入力することができます。入力した後は、Enterキーを押します。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:38 (495d)