PCトーカXPとスカイプ4.2

呼び出しに応答するときの操作がskype3.8までとはかなり違い、まごつきます。自分の主催する会議通話に新しいユーザーから呼び出しがあり、そのユーザーを会議に入れてあげる操作も、以前とはかなり違います。 コンタクトリスト上での移動は、前より反応が遅いことがあるようです。特に、オフラインのメンバーもすべて表示する設定にしていると、たくさんのメンバーがコンタクトリストに表示されることになる場合があります。このときに、メンバーを確かめる操作が極端に遅いため、コンタクトリストの表示を、すべて表示にしてもほとんど役に立ちません。 コンパクトビューを使用しているとき、Skype3.8までと違い、呼び出しの着信に応答するとskype本体の画面のほかに相手のユーザーの画面が新しく、チャットの時のように現れてきます。そのウィンドウには呼び出しをかけてきたユーザーの名前が表示されていますので、誰からの呼び出しであるかはわかるものの、通話を終了したあとも自動的には閉じませんので、たくさんの人と通話していると気がつかないうちにウィンドウが増えてしまいます(画面表示をコンパクトビューで使用の場合)。必要のないウィンドウは自分で閉じなければいけません。 また、チャットの画面も、今までと違い多機能ウィンドウになっていますので、開いたチャットウィンドウのチャット表示領域を探すのに慣れが必要です。 そのほか、今までのskypeにあった、新規イベントという項目がありませんので、出られなかった着信をあとから音声読み上げで確かめることが不便になりました。 応答していない呼び出しがあると、skypeのタイトルバーにそれらの件数を示す数字が表示され、読み上げることができます。そして、会話リストの中で、応答していない着信がどれなのかを音声で確認することができますが、応答していない着信だけをリストアップすることができません。 ファイルの送受信は行えますが、以前と違い手順を覚える必要があります。特にファイルの受信操作を覚える必要があります。 ファイル送受信で、送受信の進行状況をパーセントで読み上げることが、skype4以上ではできないようです。そのため、送受信が順調に行われているのかどうか、わからないことがあります。 Skype4以上からファイル送信するとき、相手がskype3.8以前を使っていると、相手には、ファイルの受信を許可するかどうかのウィンドウのほかに発言の書かれていないチャット画面が開いてしまいますので注意が必要です。 Skype4.2を使っていて、ムードメッセージの書き込み方、変更の方法などがわかりにくいです。 skype3.8まであった短縮ダイヤルを割り当てる機能が見あたりません。廃止されたようです。 今のところ、チャットの書き込み欄では、日本語変換は音声ガイドされますが書き込んだ文字をカーソルで確かめることができません。ですので、チャットの間違いを修正することができません。これは、ムードメッセージの書き込み欄でも同じです。 会議通話中、通話を終了コマンドを実行して会議から離れるメンバーがいても、その参加者の名前がリストから消えません。そのため、会話に誰が参加していて、誰が会話から離れているのか、リストを見るだけでは音声で判断できないようです。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:29 (495d)