PCトーカXPとスカイプ4.2

会議通話に呼ばれたときに、誰がホストなのかがわかりません。間違って通話を切断などしてしまうと、再びその会議通話に復帰するには誰にかければ良いかわかりません。これは、PC-Talkerが画面に表示されている会議通話の主催者の読み上げに対応していないからのようですが、対応できるようになってほしい点です。コンパクトビューの場合、一応、会議通話のウィンドウにおいてタイトルバーに表示されている参加メンバーのうち、はじめに表示されている名前が、ホストであることが多いです。 会議通話中に、その会議に参加している新しいメンバーに対して、コンタクトの追加要求を送る操作がありません。キーボードからの操作では工夫が必要です。PC-Talkerのマウスモードを使用すると、工夫次第では操作可能です。 SKYPE3.8ではファイルの送信を中断した場合、再会する方法がありましたが、skype4.2でもそのやり方があるかについてはわかりません。どうやら、SKYPE4.2同士でファイル送受信しているときには、送る方、受ける方、双方のSKYPEがオンラインになると、勝手に送受信が再会する感触です。 Skype3.8まではふたりでおしゃべりしているときに、3人目のユーザーに保留で応答し、そのごその3にんめのゆーざーもいっしょにおしゃべりするそうさがありましたが、skype4.2でもその操作ができるかどうかについても実験できていません。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:41 (647d)