PCトーカXPとスカイプ4.2

今、ふたり以上の会議通話からskypeがあったとします。先ほどのskype本体の操作手順で応答することもできますが、このとき、応答するパソコンでAlt+Tabを操作して、ふたり以上の会議通話のウィンドウを探す方法があります。相手が一人で呼んでくるときと違い、複数のユーザー名を読み上げるウィンドウが開きます。その読み上げのあるウィンドウが見つかりましたら、そこでAltキーを押し、右矢印キーを押して発信まで行きます。 そのままEnterキーを押します。これで、ふたり以上の会議通話からのskypeに出ることができます。やってみるとわかるのですが、キーボードから音声を頼りに操作する場合、はじめに書いてみました、skype本体の画面から応答する方法が便利と感じます。注意点ですが、会議通話をしている主催者から呼ばれる場合、同じ会議通話から2度目に呼ばれるときには、グループウィンドウが開いてこないようです。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-12 (月) 13:42:47 (495d)