リトルスー 拡大読書器・電子ルーペの紹介ページの先頭です

製品紹介 拡大読書器・電子ルーペ

製品紹介

 視力低下などで見えづらい方の読み書きを補助するための装置です。カメラで撮影した映像をモニタに表示させ、拡大率を換えたり、明暗を強調した白黒表示などをすることで書物などの文章や、写真などの画像をご自身でご自身でご覧になる事が出来ます。

  また、直筆のサインや捺印が必要な書類等の作成にも役立ちます。

 拡大読書器には据置型、携帯型、そして最近では活字を音声で読み上げさせる事の出来る音声読み上げ型も存在します。拡大読書器は高価なものですが、さらに小型で携帯し易い電子ルーペと呼ばれるものもございます。

据置型拡大読書器

据置型  据置型拡大読書器は、決まった場所に置いて使う拡大読書器です。大きなモニターが取り付けられているので、大きく拡大しても比較的広範囲を表示させる事が可能です。
 両手が自由に使えるというメリットがあり、上下左右に動くXYテーブルと呼ばれる原稿台が付いている物が多く、素早く原稿を動かしながら読書をしたり、筆記をしたり出来ます。

携帯型拡大読書器

携帯型 携帯型拡大読書器は、カバンに入れて持ち歩く事も可能な拡大読書器です。
 大きさも様々で、4インチ程度から7インチ程度の物が主流です。
 内蔵スタンド、もしくは付属のスタンドを利用するなどして、筆記に利用する事も可能な物もございます。

読み上げ型拡大読書器

音声読み上げ型 読み上げ型拡大読書器は、墨字原稿を読み取り、文字を認識して、その結果を合成音声で読み上げてくれる機能がついた機械です。
 別売のモニタに繋げると、通常の拡大読書器と同じように原稿を拡大して見る事も可能です。
 視力の低下により画面を見る事が難しくなった方でも、墨字原稿を読みたいというニーズにお応えする製品です。

電子ルーペ

電子ルーペ 電子ルーペは、携帯型拡大読書器に含まれるものではありますが、3インチ程度の小型で価格の比較的安いものを言います。
 日常生活用具の補助対象にならない方や、すでに1台お持ちで、携帯用にもう1台ほしい場合にお求めやすい製品です。

カラーモード 見え方の違い

 拡大読書器及び電子ルーペにはカラー表示だけではなく、様々なカラーモードが搭載されている機種がございます。ここでは同じ原稿を拡大して色の組み合わせを換えたイメージ画像をご用意しました。利用者様が一番見やすいモードに切り換えて使用すると良いでしょう。

元原稿
白黒表示
白黒反転
黄黒表示
黒黄表示
黄青表示
青黄表示
黒緑表示
ネットショップでおかいものをするには、ネットショップに移動で エンターキーを押します
ネットショップページに移動
メールでのお問い合わせ・ご質問は お問い合わせに移動でエンターキーを押します。
お問い合わせページに移動
お電話でのお問い合わせは 011 768 7025 受付お時間 平日10時から午後5時までです。

G-Talkのデモ機をご用意しております。リトルスノーに来社可能な方は事前予約をいただけますと体験することが出来ます。

リトルスノーのスタッフ一同お待ちしております。