音声パソコンの最近の記事

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 10月の後半としては、日中暖かな日が続いております。とはいえ、そろそろタイヤ交換など、冬支度もしておかなければなりませんね。

 

先日お客様より、インターネットに繋がらないとご連絡を受け、確認したところ普段Wifiでご利用なのですが、無線LANに接続できないという症状が出ておりました。ご利用のパソコンがデスクトップパソコンでしたので、有線LANポートが付いており、有線で接続するとインターネットに繋がりました。

 

 メーカー製のパソコンは、現在ほぼデスクトップモデルでも無線LAN対応しているのですが、どうやら内蔵の無線LANチップに不具合があるようです。

 

 そこで市販されているUSBタイプの無線LAN子機を接続することでWifiを使えるようにすることにしました。

 

 ついでにお客様のご要望で、無線LAN親機も相当古いため最新のモデルへ交換することで無線LANの安定性と速度アップを狙うことにしました。

 

IMGP2670.jpg

 

 

 

 今回お住まいが集合住宅ではなく、一戸建で2階でも無線が使えるようにということで、親機・子機ともに、比較的強力な物をご用意しました。

 

 これで安心してインターネットが利用できるようになりました。

 

 パソコン側の無線LANが不良の場合は、新しいパソコンに買い換えるのも1つの手ですが、今回のように外付けの無線子機を取り付けて使うというのも出費を抑えつつ、環境を構築し直さなくても済むので、オススメです。

 リトルスノーでは、パソコンのメンテナンスなども承っております。メンテナンスのお問い合わせなどは、下記のお問い合わせフォームをご利用ください。

   
 お問い合わせフォームはこちら

 

 こんにちは、リトルスノーです。先週は良い天気が続いた札幌ですが、早朝に大雨が一時的に降ってみたりと不安定な天候ですね。

 

 お客様からご注文いただいた、自動点訳・点訳支援プログラム「エクストラ for Windows バージョン7」が入荷いたしました。

 

エクストラ.jpg

 

 一般の方が点字文章を理解し、点字の書類を作成するのは大変難しい作業ですよね。このエクストラ for Windowsを利用すると、テキストファイルや、Word、HTMLなどのファイルから点字文章へ変換、そして点字プリンターで印刷をすることが出来ますので、点字の知識がなくても点字書類を作成できます。

 

 また、BESファイルなどで保存も出来るため、点字ディスプレイでの閲覧や、他の方とのデータ受け渡しの際にも便利です。

 特殊なソフトですし、印刷するには点字プリンターが必要ですので、環境を整えるのにはハードルが高いですが、大量に点字データを扱う場合には非常に便利です。

 

 商品のお問い合わせなどは下記のお問い合わせフォームをご利用ください。

  
 お問い合わせフォームはこちら

エクストラは弊社オンラインショップでも取り扱っております。

 

 Little Snow オンラインショップはこちら

 

 

 こんにちは、リトルスノーです。

 
 昨日は、岩見沢視力障害者福祉協会様主催の「視覚障がい者交流イベント」にたくさんの方がご来場いただき、ありがとうございました。

 

 さて今回は、高知システム開発様より、メール閲覧ソフト「マイメール」がついにバージョンアップして、マイメール5となります。発売は2017年9月4日の予定です。

 

 実際の製品を触ってはいないので細かい部分は紹介できませんが、今までメールの受信方式はPOP方式のみ対応だったのですが、マイメール5ではIMAP方式にも対応するとのことです。

 

 簡単にIMAP方式を説明すると、POP形式とは違い、メールサーバーの受信ボックス、送信ボックス、ごみ箱などのメールがパソコンと常に連動している状態となり、複数のパソコンでメールを運用している場合、どのパソコンのメールボックスの状況も同じになる、という感じでしょうか。

 

 一番わかりやすい例としては、ある1台のパソコンでメールを受信して、いらないメールを削除すると、別のパソコンでもそのメールが削除されます。したがって、過って大事なメールを削除してしまうと、別のパソコンで1度受信していたとしても消えてしまうという欠点がありますので注意が必要です。

 

 そのほかには、無料で使えるメールとして有名なGメールという物がありますが、今までのマイメール3では、一工夫をしないと利用できませんでした。それはGメールのセキュリティ機能に今までのマイメールが対応していなかったためです。

 

 新しいマイメール5では、そんなGメールのセキュリティ機能に対応したため、特に難しい設定をしなくても利用できるようになります。

 

 メールの設定も簡単になりました。最近の一般的なメールソフトはメールアドレスとパスワードを入力すると、自動的にプロバイダー情報を予想して設定してくれるようになっておりますが、従来のマイメールではすべて手動で設定しなければなりませんでした。

 

 新しいマイメール5では、一般的なメールソフトと同じように、一般的なプロバイダーであれば、細かい設定は自動で行ってくれるようになります。(状況によっては、自動で設定できない場合もありますが、その場合は従来通り、手動で設定することが可能です。)

 

 価格は新規ユーザーの場合、DVD版が20000円(税別)です。

 

 旧マイメールユーザーの場合、DVD版が12000円(税別)、Web版が10000円(税別)となっております。

 

 リトルスノーではマイメール5の予約を受付中です。


 お問い合わせフォームはこちら

 新規ユーザー向けのDVD版マイメール5は、弊社オンラインショップでも取り扱っております。アップグレード版・Web版をご希望の方はお問い合わせください。

 

 Little Snow オンラインショップはこちら

 

 なお、マイメール5を利用するためにはPCトーカーシリーズが必要です。マイメール単体での利用は出来ませんのでご注意ください。

マイメール3.jpg

 

※画像はマイメール3の物です。

 こんにちは、リトルスノーです。昨日は雨が降ったり止んだりを繰り返し、不安定な天気でしたが、今日は良い天気の札幌です。ちょっと湿度が高めかな?という気もしますね。

 

 最近お客様より、パソコンでSSDが速いと言うけれど、どれくらい速いの?という問い合わせをいただいております。

 

 そこで、ハードディスクとSSDでどれくらいの差があるのかを比較する動画を作ってみました。

 

 https://youtu.be/roGWCvCyEuc

 

 上記のリンクを開くと、動画を再生できます。

 

 念のため、この記事自体にも動画を埋め込んでおきますね。

 

 

 比較に使用したパソコンはCore i3 6100UというCPU、メモリ8GBを搭載したWindows10ノートパソコンに、高知システム開発のPCトーカー10をインストールしております。

 

 元々搭載していたハードディスクと、120GBのSSDを載せ替えて、電源ボタンを押してWindows10が起動し、「PCトーカーが組み込まれました」と読み上げた後、マイスタートメニューの一番上に登録しておいたインターネットエクスプローラーを立ち上げて、YAHOOのトップページを開くまでを比較しております。

 

 次に、インターネットエクスプローラーを閉じてWindowsの終了作業をし、電源ランプが消えるまでの比較もしております。

 

 ちなみに、電源ボタンを入れてから、「PCトーカーが組み込まれました」と読み上げされるまでの時間は、今回ハードディスクの場合で約43秒ほど、SSDの場合で約17秒ほどかかりました。

 

 終了の場合は、電源ランプが消えるまで、ハードディスクの場合は約43秒ほど、SSDの場合は約9秒ほどでした。

 

 今回使用したパソコンは、ほぼクリーンインストールの状態ですので、使い込んでくると遅くなってくるとは思いますし、機種によって結果は異なると思いますが、文章でどれぐらい時間かかったと知るよりも、動画で感じるとずいぶん違うもんだなぁ、と思うのではないでしょうか。

 

 今回は少々PCトーカーの音が小さめになってしまいましたので、少しパソコンのボリュームを上げてお聞きになると良いかもしれません。

 

 動画の編集はまだまだ不慣れなもので、突っ込みどころ満載かと思いますが、楽しんでいただければと思います。

 

 リトルスノーではパソコンのハードディスクをSSDに交換したい、といったご相談も承っております。

 ※対象は、Windows7、8、10を搭載したパソコンとなります。また、ご利用のパソコンによってはご要望にお応えできない場合もございます。ご了承ください。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 連日ほぼ真夏日の札幌、今日は34度になるという予報です。暑さでバテそうですよね。

 

 さて、日常生活用具関連の商品を多く紹介しております当ブログですが、実は弊社、パソコン販売やサポートをしている会社なのですね。

 今回は、お客様からご注文いただいたキヤノンのインクジェット複合機が入荷いたしまして、納品してまいりました。

 

ts5030.jpg

 

 画像は本体の写真を撮り忘れていたので、化粧箱の物なのですが、TS5030という機種です。

 

 最近の複合機はかなりコンパクトな作りにはなっていますが、それは使わないときの収納状態がコンパクトであって、実際に使用するときはトレーなどを引っ張り出したりするとそれなりに場所が必要になります。

 

 その辺りを頭に置いて設置場所を考えなければならないですね。

 

 このTS5030は背面上部から給紙して、手前から出力されるタイプです。近年のキヤノンらしく、いろいろなところにセンサーが付いており、印刷するときに正しくトレーなどを設定しておかないとメッセージ表示が出て印刷されない構造になっております。

 

 例えば、給紙部に要旨を押さえるカバーが付いていますが、それが正しく閉じられていないと印刷できません。

 

 最近はキヤノンだけではなくエプソンのプリンタでもそうですが、給紙トレイの用紙設定用ガイドは左右両方とも動き、紙を中央に置くような構造となっています。以前のプリンタではサイズにかかわらず右に用紙をセットする構造でしたが、おそらく中央にセットする方式の方が紙つまりなど起こしづらいなどのメリットがあるのかもしれないですね。

 

 リトルスノーでは、弊社オンラインショップに掲載されているもの以外にも色々取り寄せが可能ですので、ご相談ください。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

 

Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 関東は梅雨入りのようですね。今日の札幌は最高気温27度と、暑そうな感じですが夕方から雨の予報が出ております。なかなか1週間天気は続かないですね。

 

 さて、2017年4月には新しい大型アップデートが登場したWindows10ですが、Windows8.1全盛期に比べ、どうも最近新品のパソコンを設定していても起動時間が速く感じない気がします。

 

 そこで、お客様からの要望も有りましたSSDへ換装したモデルを取り扱いすることにしました。通常のハードディスクモデルよりも容量も小さく、価格も割高になってしまいますが、起動の速度アップが見込めます。

 SSDとは、ソリッド ステイト ドライブの略です。簡単に言うとプレクストークなどで使用できるCFカードやSDカードのような物がハードディスクの代わりに使われている、ということになります。

 

hdd25.jpg

 

※画像はノートパソコンでよく使われている、SATAタイプの2.5インチハードディスクドライブです。

 

 ハードディスクは磁気で書き込める金属の円盤が高速に回転しながらデータを読み書きしていきますが、SSDは機械的に動くところは無く、電気的にデータを読み書きします。そして一般的に、CFカードやSDカードよりも読み書きが速い部品が使われています。

 

 SSDの最大の利点としては、読み書きが速いということと、消費電力がハードディスクより少ない、そして重量が軽いというところでしょうか。

 

 弱点としては、現状ハードディスクより耐久性が低い場合があること、容量の割に単価が高いということでしょうか。

 

 値段が高いことは今のところどうにもならないのですが、耐久性については、ハードディスクも運が悪ければ数ヶ月で壊れることがありますし、データも何らかのトラブルで消えてしまう事があるのはどちらも同じなので、一概にどちらが長持ちするかとはいえないところはあります。

 

 SSD搭載モデルはどちらかというと性能の高い機種に搭載されている事が多いのですが、弊社販売中のエントリーノートパソコンと、スタンダードノートパソコンにもSSDへ換装したリトルスノーカスタムモデルをご用意しました。

 

 もちろん、耐久性や容量不足が心配な方向けにハードディスクモデルも通常通り販売しておりますので、お好みでお選びいただけます。

 

 SSDの容量につきましては2017年6月現在、240GBクラスを標準仕様とさせていただいておりますが、もっと大きい容量の物をご希望であれば、ご用意する事も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

 なお、SSDの容量はOSや管理領域、バックアップ領域すべてを含む容量ですので、ユーザーが自由に利用できる容量の事ではございませんのでご了承ください。

 

 お問い合わせフォームはこちら

 

 2017年6月現在、オンラインショップでは240GBクラスに換装した、リトルスノーカスタムモデルを販売しております。

 

※SSDはメーカーによって容量に若干異なるため、調達時期によりメーカーの変更に伴う若干の容量変動が場合がございます。

  

 Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 大型連休も終わりましたね。今週の札幌はどうも雨模様です。週末まであまり天気は良くないようです。

 

 今回のお話はWindows10のアップデートのお話です。2017年4月12日より、Windows10の大型アップデート「クリエイターズアップデート」の配信が順次始まっております。

 

 順次配信ということなので、アップデートが来るタイミング人それぞれですので何ともいえませんが、クリエイターズアップデートの準備が整うと、下の画像のように「Windowsの新機能が間もなく利用可能になります」という画面が表示されるようです。

 

クリエイターズアップデート.jpg

 

 そこで「設定の確認」ボタンを押すと、アップデートをするためにいろいろなことを聞かれていくわけですが、最後までアップデートを終わらせるあいだには、PC-Talkerやナレーターが利用できなかったりと敷居が高いようです。

 今はアップデートをしない場合は、「後で通知する」という項目を探し、選択すればキャンセルすることが出来ます。

 自力では難しいということで、見える人に手伝ってもらうにしても、アップデートに要する時間も90分から2時間程度はかかるようですので、時間に余裕があるときでなければ難しいかもしれませんね。

 

 懸念される事項として、以前の大型アップデートの時にも発生したように、アップデート後にお使いのパソコンでクリエイターズアップデートに対応したドライバーが存在せず、動作がおかしくなったり、場合によってはアップデートに失敗し元にも戻れないということが起こる可能性があります。

 

 まずはお使いのパソコンがクリエイターズアップデートに対応しているものかどうか、メーカーのホームページなどで確認し、対応機種だった場合も、うまくいかなかったときに備え、データのバックアップやリカバリーメディアの準備は忘れずに行いましょう。

 特に、Windows7や8をお使いだった機種からWindows10へアップグレードをされた方は要注意です。

 他のには、アップデートが完了すると、Windowsの細かい設定が初期設定に変わってしまい、たとえば電源ボタンを押すとシャットダウンになる設定にしていたのに、スリープになってしまうとか、無線LANの設定を最初からしないとインターネットにつながらない、ということもあると思われます。

 

 利用しているアプリケーションソフトの中でも正常に動作しないものも出てくる可能性がありますので、各ソフトウェア製造元に確認することが必要となるかもしれません。

 

 おそらくいずれはアップデート必須になる時期が来るかとは思いますが、現状では様子見がおすすめかなと思います。

 

 お問い合わせフォームはこちら

 

 こんにちは、リトルスノーです。先日よりリトルスノーの最寄り駅である、札幌地下鉄東豊線 元町駅のホーム棚が設置が完了し、稼働し始めました。これにより3路線全線にホーム棚が設置されることになりまして、4月からはすべての路線でワンマン運転となるようです。

 

 ホーム棚が出来たことで転落事故が起こる可能性はかなり押さえられたと思いますので安心できますね。

 

 話は変わりまして、このところ何かとパソコンのセットアップが続いておりますが、今回はDELL製のInspiron15というノートパソコンをセットアップ中です。

 

IMGP2409.jpg

 

 DELLのパソコンもそうですが、最近のモデルはファンクションキー入力が出荷時Fnキーを押しながらで無ければ利用できないものが増えております。

 

 こちらの機種の場合、BIOSの設定で変更をしなければ従来のようにファンクションキー単体で入力できないということで、その辺りの設定も変更いたします。

 

 現在設定の追い込み中です。明日納品予定ですので、楽しみにお待ちくださいませ。

 


お問い合わせフォームはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。現在冬季アジア札幌大会が開催中です。日本人選手の活躍が話題です。この調子で来年のオリンピックにつながる事を期待したいですね。

 

 さて今日は、ワイヤレスキーボードとマウスのセットが入荷して参りました。

 

IMGP2378.png

 

 お客様がノートパソコンに無線タイプの外付けキーボードとマウスを使いたい、とのことでしたので、キーボードとマウスがセットになったものを探してみました。

 

 近年ではブルートゥス規格のキーボードやマウスが多く出回っておりますが、ブルートゥースの場合、キーを押した最初の何文字かがうまく入力されなかったり、マウスもなかなか反応しなかったりということがありますが、ワイヤレスタイプの場合はそのようなことはほとんどありません。

 マイナス面は、専用のレシーバーが必要となるため、USBポートの空きが必要となります。キーボードとマウスが別々の製品ですと、レシーバーもそれぞれ1つずつ必要となってしまい、USBポートが2つも埋まってしまいます。

 

 しかし、今回取り寄せた製品はキーボードとマウスがセットのものなので、レシーバーが1つで済みます。

 

 そして、キーボードの配列も癖の無い標準的な日本語109キーボードとなっておりますので、使いやすいかと思います。

 

 今回ソフトウェアとノートパソコンも一緒にご注文いただきましたので、ソフトウェアが入荷し、設定が完了次第納品となります。もうしばらくお待ちくださいませ。

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 今日の札幌は日も照っており、日中の予想最高気温も0度なのでまずまず暖かいです。道は溶け気味ですが、現在開催中の札幌雪祭りの雪像はどうでしょうかね。

 

 さて、現在お客様よりマイリードでの読み取りが出来ないときがあるとのことで、パソコンとスキャナをお預かりしております。

 

IMGP2364.jpg

 

 原因は複数考えられます。Windows、高知システム開発のソフトウェア、スキャナドライバなどが最新版ではない場合や、利用されているUSBポートとの相性問題など。

 

 他には、どうしてもWindowsのバックグラウンドで何かプログラムが動いたりすることで、マイリードがアクティブではなくなってしまい、キー操作ができないということも考えられます。

 

 スキャナとパソコンの通信不良は、全く起こらないということは無いため、そのような場合は再度スキャナを接続し直したり、パソコンを再起動することで改善することがほとんどです。

 

 最近のスキャナはUSBから電源も供給する、バスパワータイプのものがありますので、そのようなスキャナをお使いで、USBハブ側にスキャナを刺して使っている場合、接続が不安定になることもあります。その場合は、ハブではなく、本体側のUSBポートを利用した方が良いかと思います。

 

 お預かりしたパソコンとスキャナは考え得る対策を施しつつ動作チェック中です。大変お待たせしておりますが、もうしばらくお待ちくださいませ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち音声パソコンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはPC設定です。

次のカテゴリはポータブルレコーダです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.8