オンラインショップの最近の記事

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 今日の札幌は雨の確率50パーセントなどと云われておりますが、会社付近では何とかまだ持ちこたえている状況です。最近は突発的な豪雨が降ったりと不安定な天候が多いですね。雨が降らない予報でも、お出かけの時は念のため折りたたみの傘を携帯されるのが良いかもしれません。

 

 さて、先日G-Talk(以下、Gトーク)紹介動画を作成しまして、その前編を公開いたしましたが、今度はその後編も完成しましたのでご紹介いたします。

 

G-talk新.jpg

 

 後編では、実際にドットシールに音声を記録して再生、そして別の情報へ上書きを行ってみたり、別売の防水タグシートについてもご紹介しております。

 https://youtu.be/oGSwswAY_x8

 

 上記のリンクを開くと、動画を再生できます。

 

 念のため、いつものように、この記事自体にも動画を埋め込んでおきますね。

 

 

 Gトーク本体には、音量ボタンやロックボタンなどもございますが、動画で説明しているように、電源ボタンと録音ボタンだけ覚えれば、Gトークは活用することが出来ます。

 

 Gトークの仕様などについては弊社ホームページにて掲載しております。

 

 弊社Gトーク紹介ページはこちら

 

 商品のお問い合わせなどは下記のお問い合わせフォームをご利用ください。

  
 お問い合わせフォームはこちら

 

 Gトークは弊社オンラインショップで取り扱っております。

 

 Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 札幌では昨日夜から朝方にかけて雨が降りまして、午前中は曇り空。これから晴れる予報ではありますが、気温は18度程度と、あまり上がらないようですね。朝晩肌寒くなり、もう秋というより冬に向かっていきますね。

 

 さて、皆様からご好評をいただいております、G-Talk(以下 Gトーク)ですが、まだ体験されたことがない方ですと、言葉で説明しても良く解らない、というのが現状ではないかと思います。

 

G-talk新.jpg

 

 弊社のホームページでも、イラストでご紹介しておりますが、やはりそこは動画で体験していただいた方がわかりやすいと思いますので、紹介動画を作作り、まずは前編を公開いたしました。

 https://youtu.be/DcFhSAxHFa4

 

 上記のリンクを開くと、動画を再生できます。

 

 念のため、いつものように、この記事自体にも動画を埋め込んでおきますね。

 


 

 今回も前編と後編に分けて作成していますので、先ほど述べたように、まずは完成いたしました前編のご紹介です。前編ではGトークとはどんな物なのか、本体と専用ドットシールについて簡単に紹介しております。

 

 肝心の使い方については、後編でご紹介予定ですので、動画が完成いたしましたらブログでご紹介いたします。

 

 Gトークの仕様などについては弊社ホームページにて掲載しております。

 

 弊社Gトーク紹介ページはこちら

 

 商品のお問い合わせなどは下記のお問い合わせフォームをご利用ください。

  
 お問い合わせフォームはこちら

 

 Gトークは弊社オンラインショップで取り扱っております。

 

 Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。9月に入って今週の札幌は、ちょっと暖かい日が続いております。暑がりな私はうちわを片手に仕事中です。

 

 先日のことですが、お客様よりご注文いただきました、音声キッチンスケール「ハイジ」が入荷いたしました。

 

 ハイジ.jpg

 

 納品まであまり期間がありませんでしたが、せっかくなのでハイジの紹介動画を作ってみました。

 

https://youtu.be/FzN-L0UvZ6s

 

 上記のリンクを開くと、動画を再生できます。

 

 念のため、この記事自体にも動画を埋め込んでおきますね。

 


 

 

 動画では、実は私どもも触ったことがないのですが、同じ音声キッチンスケール「ビビアン」についても説明しております。

 

 価格が比較的高額な商品ですので、物の重さを量るだけであれば、ご紹介しましたハイジで十分かと思います。

 

 商品のお問い合わせなどは下記のお問い合わせフォームをご利用ください。

  
 お問い合わせフォームはこちら

 

 音声キッチンスケール「ハイジ」は弊社オンラインショップで取り扱っております。また、ビビアンにつきましても準備ができ次第掲載したいと思っております。

 

 Little Snow オンラインショップはこちら

 

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 連日ほぼ真夏日の札幌、今日は34度になるという予報です。暑さでバテそうですよね。

 

 さて、日常生活用具関連の商品を多く紹介しております当ブログですが、実は弊社、パソコン販売やサポートをしている会社なのですね。

 今回は、お客様からご注文いただいたキヤノンのインクジェット複合機が入荷いたしまして、納品してまいりました。

 

ts5030.jpg

 

 画像は本体の写真を撮り忘れていたので、化粧箱の物なのですが、TS5030という機種です。

 

 最近の複合機はかなりコンパクトな作りにはなっていますが、それは使わないときの収納状態がコンパクトであって、実際に使用するときはトレーなどを引っ張り出したりするとそれなりに場所が必要になります。

 

 その辺りを頭に置いて設置場所を考えなければならないですね。

 

 このTS5030は背面上部から給紙して、手前から出力されるタイプです。近年のキヤノンらしく、いろいろなところにセンサーが付いており、印刷するときに正しくトレーなどを設定しておかないとメッセージ表示が出て印刷されない構造になっております。

 

 例えば、給紙部に要旨を押さえるカバーが付いていますが、それが正しく閉じられていないと印刷できません。

 

 最近はキヤノンだけではなくエプソンのプリンタでもそうですが、給紙トレイの用紙設定用ガイドは左右両方とも動き、紙を中央に置くような構造となっています。以前のプリンタではサイズにかかわらず右に用紙をセットする構造でしたが、おそらく中央にセットする方式の方が紙つまりなど起こしづらいなどのメリットがあるのかもしれないですね。

 

 リトルスノーでは、弊社オンラインショップに掲載されているもの以外にも色々取り寄せが可能ですので、ご相談ください。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

 

Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 関東は梅雨入りのようですね。今日の札幌は最高気温27度と、暑そうな感じですが夕方から雨の予報が出ております。なかなか1週間天気は続かないですね。

 

 さて、2017年4月には新しい大型アップデートが登場したWindows10ですが、Windows8.1全盛期に比べ、どうも最近新品のパソコンを設定していても起動時間が速く感じない気がします。

 

 そこで、お客様からの要望も有りましたSSDへ換装したモデルを取り扱いすることにしました。通常のハードディスクモデルよりも容量も小さく、価格も割高になってしまいますが、起動の速度アップが見込めます。

 SSDとは、ソリッド ステイト ドライブの略です。簡単に言うとプレクストークなどで使用できるCFカードやSDカードのような物がハードディスクの代わりに使われている、ということになります。

 

hdd25.jpg

 

※画像はノートパソコンでよく使われている、SATAタイプの2.5インチハードディスクドライブです。

 

 ハードディスクは磁気で書き込める金属の円盤が高速に回転しながらデータを読み書きしていきますが、SSDは機械的に動くところは無く、電気的にデータを読み書きします。そして一般的に、CFカードやSDカードよりも読み書きが速い部品が使われています。

 

 SSDの最大の利点としては、読み書きが速いということと、消費電力がハードディスクより少ない、そして重量が軽いというところでしょうか。

 

 弱点としては、現状ハードディスクより耐久性が低い場合があること、容量の割に単価が高いということでしょうか。

 

 値段が高いことは今のところどうにもならないのですが、耐久性については、ハードディスクも運が悪ければ数ヶ月で壊れることがありますし、データも何らかのトラブルで消えてしまう事があるのはどちらも同じなので、一概にどちらが長持ちするかとはいえないところはあります。

 

 SSD搭載モデルはどちらかというと性能の高い機種に搭載されている事が多いのですが、弊社販売中のエントリーノートパソコンと、スタンダードノートパソコンにもSSDへ換装したリトルスノーカスタムモデルをご用意しました。

 

 もちろん、耐久性や容量不足が心配な方向けにハードディスクモデルも通常通り販売しておりますので、お好みでお選びいただけます。

 

 SSDの容量につきましては2017年6月現在、240GBクラスを標準仕様とさせていただいておりますが、もっと大きい容量の物をご希望であれば、ご用意する事も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

 なお、SSDの容量はOSや管理領域、バックアップ領域すべてを含む容量ですので、ユーザーが自由に利用できる容量の事ではございませんのでご了承ください。

 

 お問い合わせフォームはこちら

 

 2017年6月現在、オンラインショップでは240GBクラスに換装した、リトルスノーカスタムモデルを販売しております。

 

※SSDはメーカーによって容量に若干異なるため、調達時期によりメーカーの変更に伴う若干の容量変動が場合がございます。

  

 Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。4月だというのに本州では夏日を記録したりと、最近おかしな気象環境ですよね。札幌では今夜みぞれが降るというような予報が出ておりますが、はたしてどうなるでしょうか。

 

 先日、物品識別装置「Gトーク」(自治体によっては音声ICタグレコーダーの項目となります)が非課税商品となった記事でもお知らせいたしましたが、今年度よりGトークシリーズに保証5年モデルの「Gトーク5」が加わりました。

 

IMGP2435.jpg

 

 Gトークは、視覚障がい者向けのペン型物品識別装置です。

 ペン型の本体の録音ボタンを押しながら、特殊印刷されたシールに接触させて自分の声などを録音すると、本体でシールに触れるたびに録音した音声を聞くことができます。

 今回加わりました保証5年モデル「Gトーク5」は、通常の保証1年モデルのGトークに5年間の製品保証が付いたと思っていただければ良いかと思います。

 

 機能的な差は全くありませんが、「Gトーク5」と先行販売中の保証8年モデル「Gトーク8」にはプラスチック製収納ケースが付属します。ケースの形状は、ビデオデッキ世代には懐かしいかもしれません。市販のビデオソフトで使われていたような形状をしております。中は本体やACアダプタ、USBケーブルが収まるようにカットされたスポンジが敷き詰められており、記録シール、取扱説明書、保証書もその上に収納し、ふたが閉まる構造となっております。

 

 Gトーク5の販売価格は37800円となります。お住まいの自治体によって、給付額が異なりますので3種類の中から適した製品をお選びいただけます。

 

 給付対象では無い自治体にお住まいの方には、実費購入になってしまいますので、保証1年モデルがおすすめです。こちらは20370円です。

 

 Gトークの商品ページはこちら

http://littlesnow.jp/product_gtalk.html

 

 2017年4月現在、保証1年モデルのGトークは弊社オンラインショップでも扱っております。オンラインショップ Gトーク商品ページはこちら

http://www.littlesnow.jp/shop02/html/products/list.php?category_id=30

 

 Gトーク5、Gトーク8につきましては給付利用での購入が想定されますので、下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

 

 その他、Gトークをはじめ、視覚障がい者向けの商品などを取り扱っております。

 Little Snow オンラインショップ・トップページはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。本日から、札幌雪祭り つどーむ会場が開催だそうです。大通、ススキの会場は2月6日月曜からです。

 

 毎年開催中に大雪になったり、気温が上昇したりと、雪像にも大変な状況になることもしばしまですが、今年はどんな雪像が観られるのでしょうか。

 

 さて、昨年より入荷待ちだった「テレビが聞けるラジオ」ですが、お待ちいただいていたお客様の分が今週入荷して参りました。

astem500.jpg

 長い間お待たせいたしました。動作チェック等完了後納品いたします。

 

 安定供給にもうしばらく時間がかかるかもしれませんが、予約は受付中です。


 お問い合わせフォームはこちら

 2017年1月現在、「テレビが聞けるラジオ」は、弊社オンラインショップでも取り扱っております。


 Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 今日の札幌は雪模様。気温がプラスなので車道は溶けておりますが、おそらく夜になると凍りそうですね。

 

 さて、今回ご紹介するのはオンラインショップで本当に少量ですが、デスクトップ用DDR3メモリ2GBの2枚セットを販売中です。

 

umax_ram4.jpg

 

 未開封品ですが初期不良や動作保証などはお付けできないので、新古品としてお安く提供してます。また、中古品コーナーでの扱いとなります。

 

 メーカーはUMAX。240ピンのデスクトップ用DDR3-1333 デュアルチャンネル2GBの2枚セット(合計4GB)です。

 

 Windowsの動作では、4GB積んでいればネットサーフィンや文章やメールの作成などであれば問題ない容量ですが、動画・写真加工や3Dゲームなどをされる場合はもうちょっと積みたいかな、と思ったときに8GBくらいはほしいかもしれませんね。

 

 最近のデスクトップパソコンはDDR4規格に移行していますが、Windows10が出る頃より前のパソコンをお使いの方ですと、DDR3のメモリを使うものがほとんどだと思いますので、メモリスロットが余っていて増設したい方はもちろんですが、スロットが2つしかなくて2つとも埋まっているけど合計2GBなんだよね、という方は容量の多いメモリに交換するというのも有効かと思います。

 

 メモリは正直、マザーボードとの相性がありますので、注意が必要です。今回ご紹介した商品は、パッケージには永久保証と書かれておりますが、先ほども述べたように動作保証は付けられないため、正常に動けば儲けもの、と思われる方、そして取り付けもご自身で出来る方対象となります。

 また、この商品は240ピンDDR3 デスクトップパソコン用の物ですので、ノートパソコンには取り付けできません。

 

 この記事は、2016年12月9日現在の内容となります。数量限定のため、在庫がなくなり次第販売終了となりますのでご了承ください。

お問い合わせフォームはこちら

 

Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 この週末、札幌は暖かい日に恵まれ、お出かけされた方も多かったのではないでしょうか。家にずっといないで、たまには外の空気を吸うと気持ちが良いですよね。

 

 今やパソコンを利用される方はノートパソコンが圧倒的に多いのではないでしょうか?しかしながら、ノートパソコンのキーボードはレイアウトが機種によって微妙に異なっていたり、複数のキーに機能を割り振っていたりします。これは、サイズに制約があるノートパソコンとしては仕方が無い事ではありますね。

 

 パソコンのキーボードのレイアウトで一般的なのは日本語109キーボードといわれるものだと思います。かつてのデスクトップパソコンはたいていこの109キーボードに準じたものが多かったのですが、最近のデスクトップも省スペース化の影響で、ノートパソコンと同じようなレイアウトや構造になっているものも少なくはありません。

 

 すでに長くパソコンを利用されている方は問題ないかと思いますが、これからパソコンを覚えようとする初心者の方にはやはり109キーボードをおすすめいたします。

 

keyboad.jpg

 

 弊社で扱っております外付け日本語109キーボードは、ホームポジションや、操作の基準となる重要なキーに触ってわかりやすいようにエンボスシールを取り付けております。

 

 また、ローマ字入力や、仮名入力だけではなく、六つのキーの組み合わせで文字を入力する点字入力(六点入力)にも対応しております。

 点字入力で使う「F D S J K L」のキーをすべて同時に押したときにキーが一部でも認識されないと、点字入力には利用できません。パソコンについてくるキーボードの中には正常に入力できないものもございます。

 

 点字入力を利用の方で、新しく買ったパソコンで正常に入力できない場合、デスクトップパソコンではキーボードを六点入力対応のものに変えることで使用できます。

 

 購入したパソコンがノートパソコンだった場合、USBポートに空きがあれば接続して使うことが可能です。

 

 先ほどご紹介した、弊社で扱っております109キーボードは万能型のUSBタイプと、デスクトップパソコン向けのPS/2コネクタタイプがございます。写真はライトグレーモデルですが、ブラックモデルもございます。

 

 キー構造はメンブレン式となっており、キーのストロークはノートパソコンなどに使用されているパンタグラフ式に比べて深みがあり、キータッチもしっかりした堅さがあります。

 

 キーの大きさもノートパソコンに比べて大きめで、キー同士の間隔も広めですのでわかりやすく、誤入力が軽減できます。

 長文を打つのにも、ノートパソコンのキーボードより楽とおっしゃるお客様も多く、設置場所が必要とはなりますが、わざわざキーボードを増設して利用されている方もいらっしゃいます。

 もし、ノートパソコンだとどうも文章が打ちづらいな、と感じたら外付けキーボードを利用されるのも良いかもしれませんね。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

 2016年12月現在、六点入力対応日本語109キーボードは弊社オンラインショップでも取り扱っております。

  

Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 札幌は今朝雪がちらついておりました。今週はしばらく気温の低い日が続くようですね。

 

 さて、先日高知システム開発の宛名書き・住所録ソフト「アドボイス5」の後継ソフト「My Access」(マイアクセス)が発売になりました。

 

myaccess500.jpg

 

 従来のアドボイスの機能と操作性を継承しつつ、住所録の一覧画面から矢印キーで「メニュー」を選ぶことで、シートの追加や編集、差出人の登録などが出来るようになったり、備考欄に収まりきらないような内容をメモしたり出来るノート機能など、新しい機能も搭載されました。

 

 2017年1月31日までご注文いただいた方は、期間限定で年賀状の印刷に便利な年賀状セット(Web版)が進呈されます。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

 2016年11月現在、MyAccessは、弊社オンラインショップでも取り扱っております。なお、掲載されている商品は新規ユーザー価格です。

 

 アドボイスユーザーのバージョンアップ価格につきましては、上記お問い合わせフォームから、高知システムにご登録なさっているご住所、お名前、電話番号等を添えてお問い合わせいただけますと、メーカーに登録状況の確認を取りましてお客様価格をご案内いたします。

 

Little Snow オンラインショップはこちら

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちオンラインショップカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは点字ディスプレイです。

次のカテゴリはホームページです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.8