Gトーク用防水タグシート発売中です。

| コメント(0)

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 今日から北海道神宮祭ですね。明日は雨の予報も出ていますが大丈夫でしょうか。

 

 雨と言えば、ちょっと関連する話でしょうかね。好評発売中の物品識別装置(自治体によっては視覚障害者用音声ICタグレコーダー)Gトークには4096シートのラミネート加工済み専用ドットシールが付属します。軽く濡れる程度であれば使えるのですが、洗濯機などで洗ったりする場合、粘着面と紙の部分がはがれてしまったりする可能性はあります。

 

 そこで、水に濡れても大丈夫な材質の防水タグシートがオプションとして発売されました。

 

防水タグシート2_w500a.jpg

 

 Gトーク付属のラミネート加工済み専用ドットシールと同じように、防水タグシート自体に個別の認識コードが印刷されており、その情報をG-Talk本体で読み取る仕組みですので、何度でも新しい情報を上書きして使うことが出来ます。

 

 サイズは幅約8mm、長さ約20mmの大きさで、厚さはコピー用紙とさほど変わりません。

 

防水タグシート_w500.jpg

 

 触って確認出来る突起が1つと、ひもなどを通す直径約4mmの穴が空いております。 タグシートには裏表があり、突起が突き出ていて、数字と水色の識別用パターンが印刷されている面が表となります。裏面は何も印刷されていない白い面です。裏面にGトークをかざしても何も反応しませんので、ご利用の際は表裏を確認する必要がございます。

 

防水タグシート使用例w500.jpg 

 

 使用例としては、穴に輪ゴムを通し、ペットボトルなどに付けて、氷水を入れたバケツに浸したり、洗濯物に取り付けて丸洗いしても大丈夫です。
 
堅さはありますが、コピー用紙程度の薄さですので、針と糸で服などに縫い付けることも可能です。ただし、あまり折り曲げたり、力が加わるところでの使用は防水タグシートの破損につながりますので注意が必要です。

 

 価格は1番から80番までの80枚セットで、税込4000円です。(送料は含みません)

※現在は1番から80番までのセット品のみとなります。2セット以上ご利用になろうとしても、番号が全く同じ物となりますので、認識する数は80種類までとなりますのでご注意ください。

 

 

 お問い合わせフォームはこちら

 

 2017年6月現在、オンラインショップでも販売しております。

  

 Little Snow オンラインショップはこちら

コメントする

この記事について

このページは、fellowが2017年6月14日 10:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ブライトーカーを販売しました」です。

次の記事は「ハードディスクをSSDへ換装したリトルスノーカスタムノートパソコンの販売を始めました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.8