4月より物品識別装置Gトーク5が新たに加わりました。

| コメント(0)

 こんにちは、リトルスノーです。4月だというのに本州では夏日を記録したりと、最近おかしな気象環境ですよね。札幌では今夜みぞれが降るというような予報が出ておりますが、はたしてどうなるでしょうか。

 

 先日、物品識別装置「Gトーク」(自治体によっては音声ICタグレコーダーの項目となります)が非課税商品となった記事でもお知らせいたしましたが、今年度よりGトークシリーズに保証5年モデルの「Gトーク5」が加わりました。

 

IMGP2435.jpg

 

 Gトークは、視覚障がい者向けのペン型物品識別装置です。

 ペン型の本体の録音ボタンを押しながら、特殊印刷されたシールに接触させて自分の声などを録音すると、本体でシールに触れるたびに録音した音声を聞くことができます。

 今回加わりました保証5年モデル「Gトーク5」は、通常の保証1年モデルのGトークに5年間の製品保証が付いたと思っていただければ良いかと思います。

 

 機能的な差は全くありませんが、「Gトーク5」と先行販売中の保証8年モデル「Gトーク8」にはプラスチック製収納ケースが付属します。ケースの形状は、ビデオデッキ世代には懐かしいかもしれません。市販のビデオソフトで使われていたような形状をしております。中は本体やACアダプタ、USBケーブルが収まるようにカットされたスポンジが敷き詰められており、記録シール、取扱説明書、保証書もその上に収納し、ふたが閉まる構造となっております。

 

 Gトーク5の販売価格は37800円となります。お住まいの自治体によって、給付額が異なりますので3種類の中から適した製品をお選びいただけます。

 

 給付対象では無い自治体にお住まいの方には、実費購入になってしまいますので、保証1年モデルがおすすめです。こちらは20370円です。

 

 Gトークの商品ページはこちら

http://littlesnow.jp/product_gtalk.html

 

 2017年4月現在、保証1年モデルのGトークは弊社オンラインショップでも扱っております。オンラインショップ Gトーク商品ページはこちら

http://www.littlesnow.jp/shop02/html/products/list.php?category_id=30

 

 Gトーク5、Gトーク8につきましては給付利用での購入が想定されますので、下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

 

 その他、Gトークをはじめ、視覚障がい者向けの商品などを取り扱っております。

 Little Snow オンラインショップ・トップページはこちら

コメントする

この記事について

このページは、fellowが2017年4月19日 14:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「第19回ガイドドッグオープンデーが開催されます。」です。

次の記事は「トークライナーの白モデルが入荷しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.8