2016年12月アーカイブ

2016年 年末のご挨拶

| コメント(0)

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 今日の札幌、朝から冷えましたね。現在雪が舞っております。

 

2016_12_28.jpg

 

 本年の営業は今日で最後となります。年内対応が出来なかったお客様には大変ご迷惑をおかけしております。

 

 しかしながら皆様あってのリトルスノー。本当にありがとうございました。

 

 来年の営業は2017年1月4日からとなります。新しい年もスタッフ一同、がんばって参りますのでよろしくお願いいたします。

 

 それでは良い年末をお過ごしください。

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 ここ札幌、先週は日中の気温がマイナスでしたが、今度はプラスになったりと、めまぐるしく変わりますね。車道はアスファルトが見えていたりしますが、夜は気温が下がってブラックアイスバーンと化しますので注意しましょう。

 

 お客様からのご依頼で弱視の方向けのパソコンソフト「ズームテキスト マグニファイア」が入荷しました。

 

zoomtext.jpg

 

 Windows7、8、10用のソフトウェアです。Windows標準の機能として画面を拡大して表示する「拡大鏡」という機能がありますが、それよりも高機能です。

 

 近年ではスマートフォンなどで、2本の指を画面の上で広げたり狭めたりする操作で画面を拡大縮小することが出来たりしますよね。(アプリによっては出来ない物もございます。)

 

 実はWindowsでも、標準である程度対応しています。画面解像度などの設定を変更したり、タッチ機能のあるパソコンですと、スマートフォンと同じような操作で拡大縮小できる場合があります。ただし、利用するソフトウェアによっては対応していない物が結構あったりします。

 

 そこで、まるで虫眼鏡を使って画面の一部を拡大して表示させることが出来たりするのが、先ほど述べました拡大鏡であったり、今回ご紹介しているズームテキストとなります。

 

 拡大鏡の場合、画面を拡大して表示させると文字がギザギザして見えにくかったりするのですが、このズームテキストですと、拡大しても文字が滑らかで見やすくなるようになっています。

 

 ※滑らかに表示できないソフトウェアもございますが、拡大して表示することは可能です。

 

 画面色の反転やマウスのポインタの色、大きさを細かく設定できます。Windows標準機能でハイコントラスト表示に設定してWordの文章を印刷したら、文字が黄色くなってしまった、などというお話を良く聞きますが、ズームテキストで設定すると、見た目は弱視の方に見やすい黒背景で黄色い文字表示にしつつ、印刷結果は問題なく黒い文字で印刷できます。

 

 一見、当たり前のようなことなのですが、実はOfficeとWindowsの標準機能での組み合わせですと、なぜか出来ないのですよね。

 

 マウスの中心にあるホイールを回すことで、拡大率を変えられるように設定することも出来、ホームページ閲覧や仕事の原稿によって、いちいち表示設定を変更しなくても簡単に操作できるので、作業効率が著しく低下することを防げます。

 

 ソフトの価格は税込64,584円と、高いソフトではございますが、日常生活用具の情報通信支援用具としての申請も可能です。

 

 まずは試してみたいという方向けに、販売元のアメディア様では体験版のダウンロードが可能です。

 

 ズームテキスト 10.1 マグニファイア の体験版ダウンロードページはこちら

http://www.amedia.co.jp/product/pc-soft/support/ZoomText/trial/index.html

 

※2016年12月現在の情報となります。予告なく公開終了する場合もございます。ご了承ください。

 

 本日ご注文いただきましたお客様に納品します。楽しみにお待ちくださいませ。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

 まだオンラインショップでは本製品の掲載をしておりませんが、近日掲載するようにいたします。

 

Little Snow オンラインショップはこちら

年末年始営業のお知らせ

| コメント(0)

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 札幌はこのところの雪ため、すっかり冬になってしまいました。昨日の夜もたくさん雪が降りましたが、窓から外を見渡せば、会社の廻りはさすがと言いますか、除雪作業のおかげで雪は少ないですね。

 

IMGP2306.jpg

 

 2016年も残り2週間ほどになりました。弊社本年の営業は、2016年12月28日17時までの営業となります。来年は2017年1月4日10時より通常営業となります。2016年12月29日から2017年1月3日まで、誠に勝手ではございますが、休業とさせていただきます。

 

 なお、本年の訪問、サポートなど予定がかなり埋まってきております。なるべく対応につとめますが、本年中の対応が難しい場合もございます。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 今日の札幌は雪模様。気温がプラスなので車道は溶けておりますが、おそらく夜になると凍りそうですね。

 

 さて、今回ご紹介するのはオンラインショップで本当に少量ですが、デスクトップ用DDR3メモリ2GBの2枚セットを販売中です。

 

umax_ram4.jpg

 

 未開封品ですが初期不良や動作保証などはお付けできないので、新古品としてお安く提供してます。また、中古品コーナーでの扱いとなります。

 

 メーカーはUMAX。240ピンのデスクトップ用DDR3-1333 デュアルチャンネル2GBの2枚セット(合計4GB)です。

 

 Windowsの動作では、4GB積んでいればネットサーフィンや文章やメールの作成などであれば問題ない容量ですが、動画・写真加工や3Dゲームなどをされる場合はもうちょっと積みたいかな、と思ったときに8GBくらいはほしいかもしれませんね。

 

 最近のデスクトップパソコンはDDR4規格に移行していますが、Windows10が出る頃より前のパソコンをお使いの方ですと、DDR3のメモリを使うものがほとんどだと思いますので、メモリスロットが余っていて増設したい方はもちろんですが、スロットが2つしかなくて2つとも埋まっているけど合計2GBなんだよね、という方は容量の多いメモリに交換するというのも有効かと思います。

 

 メモリは正直、マザーボードとの相性がありますので、注意が必要です。今回ご紹介した商品は、パッケージには永久保証と書かれておりますが、先ほども述べたように動作保証は付けられないため、正常に動けば儲けもの、と思われる方、そして取り付けもご自身で出来る方対象となります。

 また、この商品は240ピンDDR3 デスクトップパソコン用の物ですので、ノートパソコンには取り付けできません。

 

 この記事は、2016年12月9日現在の内容となります。数量限定のため、在庫がなくなり次第販売終了となりますのでご了承ください。

お問い合わせフォームはこちら

 

Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 この週末、札幌は暖かい日に恵まれ、お出かけされた方も多かったのではないでしょうか。家にずっといないで、たまには外の空気を吸うと気持ちが良いですよね。

 

 今やパソコンを利用される方はノートパソコンが圧倒的に多いのではないでしょうか?しかしながら、ノートパソコンのキーボードはレイアウトが機種によって微妙に異なっていたり、複数のキーに機能を割り振っていたりします。これは、サイズに制約があるノートパソコンとしては仕方が無い事ではありますね。

 

 パソコンのキーボードのレイアウトで一般的なのは日本語109キーボードといわれるものだと思います。かつてのデスクトップパソコンはたいていこの109キーボードに準じたものが多かったのですが、最近のデスクトップも省スペース化の影響で、ノートパソコンと同じようなレイアウトや構造になっているものも少なくはありません。

 

 すでに長くパソコンを利用されている方は問題ないかと思いますが、これからパソコンを覚えようとする初心者の方にはやはり109キーボードをおすすめいたします。

 

keyboad.jpg

 

 弊社で扱っております外付け日本語109キーボードは、ホームポジションや、操作の基準となる重要なキーに触ってわかりやすいようにエンボスシールを取り付けております。

 

 また、ローマ字入力や、仮名入力だけではなく、六つのキーの組み合わせで文字を入力する点字入力(六点入力)にも対応しております。

 点字入力で使う「F D S J K L」のキーをすべて同時に押したときにキーが一部でも認識されないと、点字入力には利用できません。パソコンについてくるキーボードの中には正常に入力できないものもございます。

 

 点字入力を利用の方で、新しく買ったパソコンで正常に入力できない場合、デスクトップパソコンではキーボードを六点入力対応のものに変えることで使用できます。

 

 購入したパソコンがノートパソコンだった場合、USBポートに空きがあれば接続して使うことが可能です。

 

 先ほどご紹介した、弊社で扱っております109キーボードは万能型のUSBタイプと、デスクトップパソコン向けのPS/2コネクタタイプがございます。写真はライトグレーモデルですが、ブラックモデルもございます。

 

 キー構造はメンブレン式となっており、キーのストロークはノートパソコンなどに使用されているパンタグラフ式に比べて深みがあり、キータッチもしっかりした堅さがあります。

 

 キーの大きさもノートパソコンに比べて大きめで、キー同士の間隔も広めですのでわかりやすく、誤入力が軽減できます。

 長文を打つのにも、ノートパソコンのキーボードより楽とおっしゃるお客様も多く、設置場所が必要とはなりますが、わざわざキーボードを増設して利用されている方もいらっしゃいます。

 もし、ノートパソコンだとどうも文章が打ちづらいな、と感じたら外付けキーボードを利用されるのも良いかもしれませんね。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

 2016年12月現在、六点入力対応日本語109キーボードは弊社オンラインショップでも取り扱っております。

  

Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 今日の札幌は最高気温10度の予報で暖かいです。しかし、夜には雪に変わるようなので路面の凍結などに注意が必要ですね。

 

 先日お客様よりちょっと特殊なスイッチのご注文をいただきました。

 

grp_sw.jpg

 

 商品名はグラプススイッチといいます。グリップ部を握るとスイッチがオンの状態になります。接続部は3.5mmモノラル端子ですので、意思伝達装置、会話補助装置などのスイッチ端子に接続して使います。

 

 利用したい機器に3.5mmモノラル端子がない場合は別途機器に合ったコントロールユニットが必要になります。

 

※コントロールユニットもない場合はご利用いただけない可能性がございます。

 

 このスイッチ、弊社では初めて取り寄せたのですが、入荷したとき外気が寒かったせいか常にスイッチがオンの状態でちょっと慌てました。

取扱説明書を見ると以下のように書かれておりました。

 

グリップ内の空気体積の変化により出力されるスイッチです。
気圧の変化や環境の変化、お使い頂いている際に体積の許容量がオーバーしてしまい(空気が入り
過ぎている状態)、グリップを握らなくても出力し続けてしまう場合があります。

 

 取扱説明書にはこのような場合の対処法について書かれておりまして、大変助かりました。お客様に納品する前にこのような症状が出て、ある意味良かったです。

 

 早速お客様のところにお持ちしまして、今回の症状についても説明し、無事利用できるようになりました。

 

 今回の商品のように、弊社ホームページ、もしくはオンラインショップには載っていない商品も取り寄せが可能な場合がございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

※ご紹介した商品は、人命に関わる用途での使用については弊社での責任は負えません。
※改造は行わないでください。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

Little Snow オンラインショップはこちら

このアーカイブについて

このページには、2016年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年11月です。

次のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.8