Windows10へのアップグレードを辞退出来るボタンが付きました。

| コメント(0)

 こんにちは、リトルスノーです。週末はすごい雨だった北海道。とりあえず今週は落ち着きまして、まずまずのお天気のようです。

 さて、先日ようやくマイクロソフト側での対応により、Windows10へのアップグレードを辞退する事が以前より簡単になったようです。

windows10upwin.jpg


 新旧いくつか表示パターンがあるようですが、今回は上記の画像のような、最近表示されるようになったパターンでの操作をご紹介します。

 自動的に画面に「Windows10を入手する」ウィンドウが表示されるか、タスクトレーに「Windows10を入手する」アイコン(Windowsマークのアイコン)が表示されていればキー操作でアップグレードを辞退する事が出来るようです。

 すでに画面に表示されている方は先へ進んでいただくとして、タスクトレーに表示されている「Windows10を入手する」アイコンを選択するには、Windowsキーを押しながらBキーを押します。するとタスクトレーの一番左側にあるアイコンを選択した状態になります。

 左右矢印キーで「Windows10を入手する」と読み上げるアイコンを探し、そこでエンターキーを押します。

 するとウィンドウが開きますので、Tabキーを数回押して、「無償アップグレードを辞退する」と読み上げる所を探し、そこでエンターキーを押します。

windows10upwin2.jpg
 
 次に画面が変わり、「無償アップグレードキャンペーンは○○日後に終了します。よろしいですか?」などと読み上げます。

※○○は日数が入ります。

 この画面でタブキーを押していくと「無償アップグレードを辞退する」と読み上げる所があるので、そこでエンターキーを押します。

 これで、ウィンドウは閉じてアップグレードは辞退されたのではないかと思いますが、依然としてタスクトレーにWindows10を入手するアイコンは表示されたままで、再起動してもテスト機の環境では消えませんでした。

 テスト機はWindowsアップデートの更新ファイルが溜まっていたので、プログラムを更新して、再度再起動して確認しましたが、アイコンはやはり消えませんでした。

 Windows10を入手するアイコンを開いて確認したところ次のような画面が表示されました。

windows10upwin3.jpg

 「申し訳ありませんが、このPCではWindows10を実行できません」と読み上げます。

 内容は互換性のないものが1つ以上あるため、と書かれているのですが、アップグレードを辞退するとこの表示に変わるようですね。

 どうせならば、タスクトレーのアイコンも表示しないようにしてほしかったですね。7月29日(米国での日にち)が過ぎたら、このアイコンは消えるのかどうかは様子見となりそうです。

 今回ご紹介したパターン以外は現状では検証できておりませんが、ほかにも無償アップグレードの通知は複数のパターンが存在するようなので、それに応じた対応が必要ですね。


コメントする

この記事について

このページは、fellowが2016年7月 5日 14:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「PC-TalkerとiTunesの不具合。」です。

次の記事は「紙幣読み取り機を借りてみました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.8