年賀状作成にあると便利です

| コメント(0)

 まだ10月ではありますが、今年も残すところ2ヶ月少々。そろそろ年賀状も考えないと・・・。そんな季節になって参りました。

 書店ではパソコンで作る年賀状関連のムック本が列んでおります。素材集だけではなく、機能限定版ではありますがはがき印刷ソフトも付属するものもございます。

 視覚障がい者の場合、音声だけを頼りにコンピュータを操作しなければなりませんので、音声操作に特化した、優れた宛名印刷ソフト(住所録ソフト) がございます。  

 日常生活用具の給付対象となっておりますが、価格が高いため、補助を使い切ってしまってほしくても買えない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 そこでリトルスノーではパソコンを音声で状況を案内してくれるスクリーンリーダーである、PC-Talkerシリーズを使用して、比較的操作可能な宛名印刷ソフトもご紹介しております。

nenga2016.jpg


 アジェンダの宛名職人が付属したこちらのシリーズ。すべての機能をキーボードと音声案内だけで操作をすることは出来ませんが、基本的な住所入力や表面の印刷についてはコツをつかめば利用できます。

 ただし、裏面のデザインについては、音声ガイドが機能しないので、健常者の方に手伝ってもらう必要はございます。

 裏面は印刷屋さんなどにお願いをして、表面だけをご自分で印刷、という使い方は可能です。

 リトルスノーでは、宛名職人を使用した年賀状作成の訪問講習も承っております。教材代込みの価格で1回90分間 4000円(札幌市内、障がい者割引適応の場合)です。ムック本はこちらでご用意しますので、PC-Talkerの入ったご自身のパソコンをご用意するだけで大丈夫です。

 1回の講習では覚えきれなかったり、もう一度最初から受けたいなどといったご要望にもお応えします。その場合1回90分間 3500円(札幌市内、障がい者割引適応の場合)となります。

 講習希望の方は予約が必要です。詳しくはお問い合わせください。

 なお、高性能な視覚障がい者向け住所録ソフト アドボイス5を使った年賀状作成の講習も受け付けておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。


 お問い合わせフォームはこちら

コメントする

この記事について

このページは、fellowが2015年10月23日 15:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「拡大読書器 ズーマックス スノー 7HDのご紹介」です。

次の記事は「音声パソコンご体験頂きました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.8