2013年5月アーカイブ

 視覚障害のある人が音声読み上げソフトを使って聞けるように、生活雑貨や食品のパッケージ情報をホームページ(HP)上で提供する取り組みを、岐阜市のNPO法人「うぃすたりあぶっく」が行っている
商品の使い方や成分を知らなければ事故につながる危険もあり、「安心や、自分でできる喜びを感じてほしい」との思いで始めたとのことです

 台所用除菌剤、冷凍食品、花粉対策のジェル、化粧道具、スティックタイプのレトルトカレーなどなど
HPには200点の商品名が並ぶ。クリックすると成分や使用法、安全上の注意、販売元などの情報が表示されています
スタッフがパッケージに記された情報を手作業で打ち込み、企業の了承を得て掲載。音声読み上げソフトが入ったパソコンやスマートフォンで、音声で聞くことができます。

 スタッフの石原育子さんによると、耳で聞いて理解しやすい表現を工夫したり、目が見えないと気付きにくい安全上の注意を付け加えたりすることもあるそうで、レンジで調理できる冷凍うどんは、蒸気でやけどをしないよう、袋に付いた噴き出し口の位置を説明しています。

 「周りに頼れる人がいるとは限らないのに、一人で生活するための身近な情報は不足している。そんな現状を変えたかった」。NPO法人は、難病のため視力を失った藤本明成さん(53)が2007年に設立。11年2月から情報提供を始めています。

 企業のHPの中には、ソフトで読み上げる際に画像などが妨げとなって知りたい情報にたどりつけないものがあります。 食品メーカー、フジッコ(神戸市)の広報担当者は「多くの商品はパッケージにこだわっているが、目の不自由な人には伝わっていなかったと気付いた。情報を得る手助けになる良いサイトだと思い協力した」と話しています。

WISTARIABOOKホームページのアドレスは
http://wistariabook.net/


パソコン操作に慣れてくると たくさんのプログラムを開きます。
たとえばマイエディットを開きながら マイメールを開き 時々 ネットリーダーを開くなど
そういう場合 今自分が開いているファイルが何かわからなくなる時があります。
そんな時便利なのが コントロールキー と オルトキー を押しながら数字の 1キー を押してみます。
マイエディットの無題1を開いている場合には 
無題1 カクカッコ 更新 カクカッコトジ マイエディット と読み上げてくれます。
また マイエディットで開く操作をしている場合は 開く と読み上げてくれます。
今開いている操作が何かわからなくなった時には とりあえず今の操作を行ってもらえると何を開いているかがわかります。
困ったときには是非試されてみてくださいね。

 財務省 日本銀行 国立印刷局が4月26日に 紙幣にスマートフォンをかざすと お札の種類を音声で教えてくれるアプリの無償配信を年内に始めると発表したそうです。

視覚障害者に役立ててもらう狙いで まずはアイフォーン向けに配信するとのこと。

 全4種類の紙幣を画像認識で識別する仕組みで アプリを起動してスマホのカメラに紙幣を近づけると 「一万円です」などと音声で教えてくれるそうです。

お札は識別用のマークがあり視覚障害者が手触りで識別できるようになっていますが 劣化で分かりにくくなるとのことです。

 財務省などは視覚障害者が紙幣をより使いやすい環境を整備していく考えで 今夏をメドに紙幣を識別する簡易装置を開発し 技術を民間企業に提供していくそうです。

さらに 2014年度前半に五千円札の表面加工を工夫して大きさが近い一万円札との区別がつきやすいように改良するとも発表しています。

文章を入力しているときや 漢字に変換する際に「ぴ ぴ ぴ」としか読まなくなってしまうことがあります。
「いよいよパソコンが壊れてしまったかな・・・」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが そんな時にはふと今からやる操作を試されてみてください。
コントロールキー と オルトキー を押しながら Pキー を押してみましょう。
この操作は 文字を入力した際の読み方を変更するキー操作となります。入力したキーがピ ピ ピとしか呼ばなくなった時には コントロールキーとオルトキーを押しながらPキー押す。
ちょっとした呪文のように心にとどめていただけますと 何かの時にはひと安心できると思います。
是非覚えてみてくださいね。

 

 先日、会社に某エナジードリンクメーカーの無償サンプルを配っている方がおみえになり、サンプルをいただきました。

 普段プロモーションとして車の天井に大きなエナジードリンク缶を乗せた車が走っているので、どこかに止まっているのでは、と思い外を見てみると、向かいにある有料駐車場に停まっておりました。

 駐車場に車を止めて周辺のオフィスを回っているのでしょうね。

 車の天井に載せてある缶は、当然ダミーなのですが、下の方が冷蔵庫になっているらしく、そこにサンプルを入れて走り回っているそうです。

 札幌の中心部ならば配っていそうですが、まさか元町にまで来るとは思いもよらず、びっくりでしたよ。

脳波コントロール

| コメント(0)
以前 脳波を感知して 猫耳型のカチューシャが耳動かすおもちゃが話題になっていましたが 脳波を感知して動く尻尾というのも発売されているようです

脳波センサーがついた帽子とセットになっていて 脳波の状態を測定しつつ その時の感情に合わせて動くそうです。
その名もそのまま shippo

見た目は 少し前に街のギャルに流行ったシッポファッション風ですね

かわいい女の子がつけてフリフリしていたら少し幸せな気持ちになりますが これを40過ぎたオッサン(私たちのことです)がつけていても なんか下心見つけられるだけで悲しいことになりそうです


今度は脳波で尻尾が動く!喜ぶと尻尾が揺れちゃうニューロウェアー shippo

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.8