こんにちは、リトルスノーです。昨日までの雨はとりあえず止みましたが、また日曜日に雨予報が出ている札幌でございます。

 

 今日の本題ですが、先日も発売延期となったプレクストークPTR3ですが、大変申し訳ございません。さらに延期となりました。正式な販売時期は2017年6月現在、未定となっております。新たな情報が入り次第、お伝えしてまいります。

 

 なお、再生専用機PTN3は予定通り、7月末より出荷予定とのことです。しかしながら、初回生産分はすでに予約受付完了となっており、次回出荷予定が9月下旬頃とのことです。皆様には大変ご迷惑をおかけします。何卒ご容赦のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 弊社へのお問い合わせフォームはこちら

 

 

 以下はシナノケンシ株式会社様より公式なお知らせです。

 

プレクストーク新製品PTR3の発売延期に関するお詫びとお知らせ

 

2017年6月22日 

 

お客様各位

拝啓

平素より弊社デイジー再生機プレクストークをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

さて、発売日を7月31日としてご案内しておりました弊社プレクストーク新製品PTR3ですが、製品の主要機能に関する箇所に技術的問題が確認され、解決がなされるまでの当面の期間、発売を延期させていただくこととなりました。ご迷惑をお掛けするお客様をはじめ関係の皆様に深くお詫び申し上げます。

発売延期は、PTR3の無線ネットワーク通信において当初想定できなかった技術的問題が見つかり、お約束するサピエとのインターネット通信機能を満たせないことが原因となります。問題への対策を急ぎ進めているものの、解決に時間を要しております。そのため、お客様に満足かつ安心してお使いいただくためには、製品を確実に作り上げ、ご提供させていただくことが最重要であると考え、今回の決心をいたしました。

PTR3の新製品発表時点では、本年6月頃としてお知らせした発売日を、7月31日に延期させていただいた直後に、再延期のご案内となってしまい、弊社としてもこの事態を大変重く受け止めております。

弊社ではPTR3を、視覚障害のお客様の重要な情報保障を担うデイジー図書の再生機として、また、録音機能を活用して日常生活に役立てられる音声での情報管理機器として位置付け、製品開発を進めております。また、施設関係者の皆様やボランティアの皆様はじめ、多くの販売店様にも視覚障害のお客様のため情報提供のご支援をいただいております。新製品の発売を心待ちにしている多くのお客様はもとより、関係各組織の皆様にも、度重なるご迷惑をお掛けする事を、謹んでお詫び申し上げます。

なお、新製品としてPTR3と同時に発表させていただきましたPTN3は、7月31日の発売予定日(弊社工場出荷日)に変更はありません。

PTR3につきましては、発売の見通しが立ち次第速やかにご案内させていただきますので、お客様、全ての関係者の皆様のご理解を賜りますと共に、重ね重ね、この度の発売延期につき深くお詫び申し上げます。

シナノケンシ株式会社

福祉・生活支援機器ビジネスユニット

ビジネスユニット長  藤森 洋充

この度のご案内についてのお問い合わせは、下記の弊社プレクストークお問い合わせ窓口へお願いいたします。

電話番号 050-5804-1177

受付は月曜日から土曜日 午前9時30分から17時となります。

 

敬具

 

PTR3_w500c.jpg

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 関東は梅雨入りのようですね。今日の札幌は最高気温27度と、暑そうな感じですが夕方から雨の予報が出ております。なかなか1週間天気は続かないですね。

 

 さて、2017年4月には新しい大型アップデートが登場したWindows10ですが、Windows8.1全盛期に比べ、どうも最近新品のパソコンを設定していても起動時間が速く感じない気がします。

 

 そこで、お客様からの要望も有りましたSSDへ換装したモデルを取り扱いすることにしました。通常のハードディスクモデルよりも容量も小さく、価格も割高になってしまいますが、起動の速度アップが見込めます。

 SSDとは、ソリッド ステイト ドライブの略です。簡単に言うとプレクストークなどで使用できるCFカードやSDカードのような物がハードディスクの代わりに使われている、ということになります。

 

hdd25.jpg

 

※画像はノートパソコンでよく使われている、SATAタイプの2.5インチハードディスクドライブです。

 

 ハードディスクは磁気で書き込める金属の円盤が高速に回転しながらデータを読み書きしていきますが、SSDは機械的に動くところは無く、電気的にデータを読み書きします。そして一般的に、CFカードやSDカードよりも読み書きが速い部品が使われています。

 

 SSDの最大の利点としては、読み書きが速いということと、消費電力がハードディスクより少ない、そして重量が軽いというところでしょうか。

 

 弱点としては、現状ハードディスクより耐久性が低い場合があること、容量の割に単価が高いということでしょうか。

 

 値段が高いことは今のところどうにもならないのですが、耐久性については、ハードディスクも運が悪ければ数ヶ月で壊れることがありますし、データも何らかのトラブルで消えてしまう事があるのはどちらも同じなので、一概にどちらが長持ちするかとはいえないところはあります。

 

 SSD搭載モデルはどちらかというと性能の高い機種に搭載されている事が多いのですが、弊社販売中のエントリーノートパソコンと、スタンダードノートパソコンにもSSDへ換装したリトルスノーカスタムモデルをご用意しました。

 

 もちろん、耐久性や容量不足が心配な方向けにハードディスクモデルも通常通り販売しておりますので、お好みでお選びいただけます。

 

 SSDの容量につきましては2017年6月現在、240GBクラスを標準仕様とさせていただいておりますが、もっと大きい容量の物をご希望であれば、ご用意する事も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

 なお、SSDの容量はOSや管理領域、バックアップ領域すべてを含む容量ですので、ユーザーが自由に利用できる容量の事ではございませんのでご了承ください。

 

 お問い合わせフォームはこちら

 

 2017年6月現在、オンラインショップでは240GBクラスに換装した、リトルスノーカスタムモデルを販売しております。

 

※SSDはメーカーによって容量に若干異なるため、調達時期によりメーカーの変更に伴う若干の容量変動が場合がございます。

  

 Little Snow オンラインショップはこちら

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 今日から北海道神宮祭ですね。明日は雨の予報も出ていますが大丈夫でしょうか。

 

 雨と言えば、ちょっと関連する話でしょうかね。好評発売中の物品識別装置(自治体によっては視覚障害者用音声ICタグレコーダー)Gトークには4096シートのラミネート加工済み専用ドットシールが付属します。軽く濡れる程度であれば使えるのですが、洗濯機などで洗ったりする場合、粘着面と紙の部分がはがれてしまったりする可能性はあります。

 

 そこで、水に濡れても大丈夫な材質の防水タグシートがオプションとして発売されました。

 

防水タグシート2_w500a.jpg

 

 Gトーク付属のラミネート加工済み専用ドットシールと同じように、防水タグシート自体に個別の認識コードが印刷されており、その情報をG-Talk本体で読み取る仕組みですので、何度でも新しい情報を上書きして使うことが出来ます。

 

 サイズは幅約8mm、長さ約20mmの大きさで、厚さはコピー用紙とさほど変わりません。

 

防水タグシート_w500.jpg

 

 触って確認出来る突起が1つと、ひもなどを通す直径約4mmの穴が空いております。 タグシートには裏表があり、突起が突き出ていて、数字と水色の識別用パターンが印刷されている面が表となります。裏面は何も印刷されていない白い面です。裏面にGトークをかざしても何も反応しませんので、ご利用の際は表裏を確認する必要がございます。

 

防水タグシート使用例w500.jpg 

 

 使用例としては、穴に輪ゴムを通し、ペットボトルなどに付けて、氷水を入れたバケツに浸したり、洗濯物に取り付けて丸洗いしても大丈夫です。
 
堅さはありますが、コピー用紙程度の薄さですので、針と糸で服などに縫い付けることも可能です。ただし、あまり折り曲げたり、力が加わるところでの使用は防水タグシートの破損につながりますので注意が必要です。

 

 価格は1番から80番までの80枚セットで、税込4000円です。(送料は含みません)

※現在は1番から80番までのセット品のみとなります。2セット以上ご利用になろうとしても、番号が全く同じ物となりますので、認識する数は80種類までとなりますのでご注意ください。

 

 

 お問い合わせフォームはこちら

 

 2017年6月現在、オンラインショップでも販売しております。

  

 Little Snow オンラインショップはこちら

 6点キーを入力することで点字を電子的に記憶する装置 ブライトーカー を先日、日常生活用具として販売・納品いたしました。

 

britalker.jpg

 

 製造発売元では ブライトーカーを「音声点字タイプライター」としておりまして、実際 日常生活用具における点字タイプライターとして申請許可している自治体もあるようです。

 札幌市においては 点字入力の結果が点字用紙に打ち出されるわけではないので点字タイプライターではないという判断がされまして、利用方法が似ている点字ディスプレイとしても、点字入力ができても点字を表示するピンが装備されていないので点字ディプレイではないという判断となりました。

 

 結果として、PCに接続をして6点キーボードとして利用できることから 視覚障害者の情報取得機器入力操作を助ける「情報・通信支援用具」としての申請が認められることになったのです。

 

 ご注意 これは札幌市の場合であり、他の自治体での日常生活用具としての対応は異なります。また一般に情報・通信支援用具は視覚障害者支援用PCソフトウェアに対応させることが多く 札幌市の場合基準額上限が10万円の中での申請となりますので、該当ソフトウエアをご利用・申請される方の場合 ブライトーカーを追加して申請するのは難しいかと思われます。

 

 価格は税込53784円 札幌市の場合1割負担の場合は自己負担が5370円、前述のとおり情報・通信支援用具が摘要されますので 申請履歴ある場合は基準上限額の影響受ける可能性あります。
もちろん申請履歴が無く 自己負担が免じられている場合は自己負担が無い可能性あります。

 

 大きさは 横幅158mm×奥行100mm×高さ22mm 重さは約300グラム。
 てん面には 6点キーを含めた14個のキーがあり、前面には4つのボタンとイヤホン端子、背面には電源スイッチとACアダプタ接続端子、ミニUSBケーブル端子そして特殊なコネクタの外部液晶モニタ接続端子があります。

 

 点字タイプライター同様に左右に3つづつ別れたボタンにより点字を入力します。
 この点字入力はパーキンス式の他 ライトブレーラー式にすることができます。
 てん面中央には上下左右にボタンが配置されており、手前にはスペースキーとエンターキー そして奥側にはモードキーとヘルプキーがあります。

 

 点字入力された結果はメモリに保存されていき(6000文字×31ファイル 合計186000文字:400字詰め原稿用紙465枚分に相当)その内容を音声として読み上げ、またはPCに接続して文字データとして送信することができます。

 

 キーが少ないですが、組み合わせで多くの機能を呼び出します。
 例えば6点キーを全て押しながらスペースキーとエンターキーも同時に押すと 全文読上げ。
 5と6の点キー押しながらエンターキーを押すと 次のファイルに移動 などです。
 単体で使用する場合、入力結果確認が音声だけになりますのでキー組合せによる機能呼び出しを覚えるのが使いこなすコツになりそうです。(別売オプションで40文字×4行を表示する専用液晶表示器 税込32,400円があります)

 

 お問い合わせフォームはこちら

 

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 先週末も雨模様だった札幌、今週も今日を含めて雨の予報が出ております。運動会の季節ですが、なかなか難しいですね。

 

 さて、2017年6月19日に据え置き型拡大読書器の新製品「トパーズHDアドバンス」が発売になります。

 

トパーズ.jpg

 

※写真はトパーズ XL HD プレミアムのものです。

 

 近年据え置き型の拡大読書器が価格改定により値上がり傾向だったのですが、トパーズHDアドバンスは多くの自治体での補助上限額である、198000円という価格設定になります。

 

 実物の製品を確認していないのでカタログでのお話になりますが、現行のトパーズ XL HD プレミアムと外観の違いはほぼなさそうです。

 

 拡大率は1.6倍から54倍と、トパーズ XL HD プレミアムでは1.5倍から56倍なので、若干範囲が狭くなりました。そのほかにはVGA端子が省略されており、コンピュータの画面をトパーズHDアドバンスにつなげて表示することは出来ないようです。

 

 一般の使い方ではさほど大きな問題がなさそうなので、非課税世帯の方で差額負担が発生しないこの製品は非常に魅力的ですよね。

 

リトルスノーではトパーズHDアドバンスの予約も受け付けております。お気軽にお申し込みください。

 

 お問い合わせフォームはこちら

 

 2017年6月現在、オンラインショップでもご予約受付中です。

  

 Little Snow オンラインショップはこちら

 

 

 こんにちは、リトルスノーです。なかなかブログが更新できず申し訳ございません。

 さて、発売になるのをお待ちになっていらっしゃる方が多いかと存じますが、新型プレクストーク PTR3、PTN3の発売日が変更になりました。

 

 PTR3_w500c.jpg

 

 当初の予定では2017年6月発売予定とのことでしたが、2017年7月31日の発売予定と変更になりました。

 

 ただ、さらに発売時期がずれ込む可能性があるとのことです。

 

 新機種をずっと首を長くしてお待ちのお客様には大変ご迷惑をおかけしております。もうしばらくお待ちください。

 

 お時間はかかってしまいますが、リトルスノーでは新型プレクストークの予約も受け付けております。お気軽にお申し込みください。

 

 お問い合わせフォームはこちら

 

 詳しい情報はシナノケンシのホームページへのリンクを紹介いたしますので、そちらを参照ください。

 

PTR3のホームページ

http://www.plextalk.com/jp/products/ptr3/

 

PTN3のホームページ

http://www.plextalk.com/jp/products/ptn3/

 こんにちは、リトルスノーです。

 

 大型連休も終わりましたね。今週の札幌はどうも雨模様です。週末まであまり天気は良くないようです。

 

 今回のお話はWindows10のアップデートのお話です。2017年4月12日より、Windows10の大型アップデート「クリエイターズアップデート」の配信が順次始まっております。

 

 順次配信ということなので、アップデートが来るタイミング人それぞれですので何ともいえませんが、クリエイターズアップデートの準備が整うと、下の画像のように「Windowsの新機能が間もなく利用可能になります」という画面が表示されるようです。

 

クリエイターズアップデート.jpg

 

 そこで「設定の確認」ボタンを押すと、アップデートをするためにいろいろなことを聞かれていくわけですが、最後までアップデートを終わらせるあいだには、PC-Talkerやナレーターが利用できなかったりと敷居が高いようです。

 今はアップデートをしない場合は、「後で通知する」という項目を探し、選択すればキャンセルすることが出来ます。

 自力では難しいということで、見える人に手伝ってもらうにしても、アップデートに要する時間も90分から2時間程度はかかるようですので、時間に余裕があるときでなければ難しいかもしれませんね。

 

 懸念される事項として、以前の大型アップデートの時にも発生したように、アップデート後にお使いのパソコンでクリエイターズアップデートに対応したドライバーが存在せず、動作がおかしくなったり、場合によってはアップデートに失敗し元にも戻れないということが起こる可能性があります。

 

 まずはお使いのパソコンがクリエイターズアップデートに対応しているものかどうか、メーカーのホームページなどで確認し、対応機種だった場合も、うまくいかなかったときに備え、データのバックアップやリカバリーメディアの準備は忘れずに行いましょう。

 特に、Windows7や8をお使いだった機種からWindows10へアップグレードをされた方は要注意です。

 他のには、アップデートが完了すると、Windowsの細かい設定が初期設定に変わってしまい、たとえば電源ボタンを押すとシャットダウンになる設定にしていたのに、スリープになってしまうとか、無線LANの設定を最初からしないとインターネットにつながらない、ということもあると思われます。

 

 利用しているアプリケーションソフトの中でも正常に動作しないものも出てくる可能性がありますので、各ソフトウェア製造元に確認することが必要となるかもしれません。

 

 おそらくいずれはアップデート必須になる時期が来るかとは思いますが、現状では様子見がおすすめかなと思います。

 

 お問い合わせフォームはこちら

 

 こんにちは、リトルスノーです。今年もゴールデンウィークがやってきましたね。

 

 ゴールデンウィークでのリトルスノーの営業日はカレンダー通りとなります。土日はお休みをいただいておりますので4月29、30日と5月3日から7日がお休みとなります。

 

 5月8日(月曜日)より通常営業いたしますので、皆様にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

LittleSnow看板.jpg

 

 

お問い合わせフォームはこちら

 

 こんにちは、リトルスノーです。桜前線は道南へ上陸し、そろそろ札幌でも観られるかな?という今日この頃です。

 

 お客様からご注文いただいた、音声案内式置き時計「トークライナーDA206」の白モデルが入荷しました。

 

トークライナー2.jpg

 

 一般的な目覚まし時計と同じような大きさの置き時計です。音声で時刻、カレンダー、温度、湿度を案内してくれます。

 

 音声で確認しながらアラーム時刻を設定することが出来ます。約5分後に再度アラームを鳴らす、スヌーズ機能を搭載しております。

 

 電波修正機能を搭載しているので、自動的に時刻を修正してくれます。(修正電波が受信しづらい環境では修正されない場合もございます。)

 

 色は今回紹介した白を基調としたモデルと、金色を基調としたモデルがございます。

 お問い合わせフォームはこちら

 

 2017年4月現在、「トークライナーDA206」は、弊社オンラインショップでも販売しております。


 Little Snow オンラインショップはこちら

 

 

 こんにちは、リトルスノーです。4月だというのに本州では夏日を記録したりと、最近おかしな気象環境ですよね。札幌では今夜みぞれが降るというような予報が出ておりますが、はたしてどうなるでしょうか。

 

 先日、物品識別装置「Gトーク」(自治体によっては音声ICタグレコーダーの項目となります)が非課税商品となった記事でもお知らせいたしましたが、今年度よりGトークシリーズに保証5年モデルの「Gトーク5」が加わりました。

 

IMGP2435.jpg

 

 Gトークは、視覚障がい者向けのペン型物品識別装置です。

 ペン型の本体の録音ボタンを押しながら、特殊印刷されたシールに接触させて自分の声などを録音すると、本体でシールに触れるたびに録音した音声を聞くことができます。

 今回加わりました保証5年モデル「Gトーク5」は、通常の保証1年モデルのGトークに5年間の製品保証が付いたと思っていただければ良いかと思います。

 

 機能的な差は全くありませんが、「Gトーク5」と先行販売中の保証8年モデル「Gトーク8」にはプラスチック製収納ケースが付属します。ケースの形状は、ビデオデッキ世代には懐かしいかもしれません。市販のビデオソフトで使われていたような形状をしております。中は本体やACアダプタ、USBケーブルが収まるようにカットされたスポンジが敷き詰められており、記録シール、取扱説明書、保証書もその上に収納し、ふたが閉まる構造となっております。

 

 Gトーク5の販売価格は37800円となります。お住まいの自治体によって、給付額が異なりますので3種類の中から適した製品をお選びいただけます。

 

 給付対象では無い自治体にお住まいの方には、実費購入になってしまいますので、保証1年モデルがおすすめです。こちらは20370円です。

 

 Gトークの商品ページはこちら

http://littlesnow.jp/product_gtalk.html

 

 2017年4月現在、保証1年モデルのGトークは弊社オンラインショップでも扱っております。オンラインショップ Gトーク商品ページはこちら

http://www.littlesnow.jp/shop02/html/products/list.php?category_id=30

 

 Gトーク5、Gトーク8につきましては給付利用での購入が想定されますので、下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

 

 その他、Gトークをはじめ、視覚障がい者向けの商品などを取り扱っております。

 Little Snow オンラインショップ・トップページはこちら

最近のコメント

アイテム

  • hdd25.jpg
  • 防水タグシート使用例w500.jpg
  • 防水タグシート_w500.jpg
  • 防水タグシート2_w500a.jpg
  • britalker.jpg
  • トパーズ.jpg
  • トパーズ.jpg
  • ネットショップエラー600.jpg
  • PTR3_w500c.jpg
  • トークライナー金.jpg

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 6.0.8